女性に人気のキレイに関わる仕事

女性のキレイに関わる仕事情報サイトです。

アロマセラピスト

アロマセラピストの仕事

美容を実現するためには、外面だけではなく内面から美しくなっていくことが必要です。
その両方に効果を発揮するエステの方法として「アロマセラピー」というものがあります。
これは元々フランスで始まった精油を用いた治療法であるアロマテラピーから派生したもので、元々のアロマテラピーに加えて香りなどを用いた心理的なケアも行なうのが特徴です。

このアロマセラピーを行なうのが「アロマセラピスト」という仕事です。
アロマセラピストになるためには、アロマテラピーの知識と技術と、アロマセラピーの知識と技術の両方が求められることになります。

アロマテラピーとしての知識というのは、マッサージにはどのような精油を用いるべきなのか、ということと、どのようなマッサージをすることで効果があるのか、ということです。
対してアロマセラピーの技術は、どのような香りを用いることでどんな心理的効果を期待することが出来るのか、という知識ということになります。
この2つを両方習得していることで、より高度なアロマセラピーが可能になるわけです。

では、実際のアロマセラピストがどのような仕事をしているのか、ということを簡単に紹介していきましょう。
一日の流れ、という形で見ていきます。

アロマセラピストとして仕事をする場合、エステサロンなどに雇われで仕事をするのか、あるいはフリーランスで仕事をするのか、という選択肢があります。
後者の場合には自分の好きなように運営していくことが出来ますので、ここでは割愛します。

まず、お客様が快適に過ごせる環境づくり、というのが最初に行わなければならないことです。
しっかりと掃除をして、来てくれた人を不快にさせることがないように気を遣う必要があります。
そしてお客様が来店したら、まずは足湯を提供したりお茶を提供するなどして、緊張を取り払うということが行われます。

アロマセラピーにおいて、相手の緊張を解きほぐすということは非常に重要な意味を持っています。
緊張状態では精油によるセラピー効果も薄くなってしまうためです。
そして、その人の今の心理状態に合わせて、最も適しているオイルを配合することになります。

アロマセラピストになるには

アロマセラピストは、なるために免許が必要な仕事ではありません。
そのため、本来的には資格などはなくてもなることが出来るのですが、どこかに所属して仕事を行う場合にはそれなりの知識と技術の指標として資格を求められることになります。

アロマセラピストに関係する資格は複数あり、アロマテラピーアドバイザーやアロマテラピーインストラクター、などを取得することでさらに就職を有利に進めることが出来るでしょう。
すべて民間資格となっていますが、就職にはこれらの資格が重要です。