女性に人気のキレイに関わる仕事

女性のキレイに関わる仕事情報サイトです。

ビューティーアドバイザー

ビューティーアドバイザーの仕事

ビューティーアドバイザーという仕事は、まだまだあまり広がっている仕事ではありませんが、少しずつ知られるようになってきた仕事でもあります。
美容部員と呼ばれることも多く、こちらの名前の方が仕事内容が分かりやすい、という人もいらっしゃるでしょうか。
ビューティーアドバイザーの仕事は、化粧品に関するアドバイスを行なうことにあります。

人それぞれ肌に対する悩みというのは違っており、それぞれの悩みに対応する化粧品というのもやはり違いがあります。
そのため、その人にとって良い化粧品はどういうものなのか、ということをアドバイスしていくことが仕事の内容です。
このアドバイスを行なうためには、化粧品や肌に対する知識というものが求められます。

例えば肌の状態というのは年齢によっても違いがあります。
年齢帯によって向いている化粧品と向いていない化粧品がある、ということを理解して、どれを勧めるべきなのかを検討していくことになります。
さらに、人それぞれの体質というのも検討しなければなりませんし、季節によってあっている化粧品がある場合もあるなど、複合的な知識と判断能力を求められます。

主な仕事現場となるのは百貨店などの化粧品売場などです。
こういった場所では一つの化粧品会社のものだけではなく、複数の化粧品会社のものが入っていますから、どこかの商品を勧めれば良い、というわけではなく、よりお客様の希望に沿ったものを提供できるようにアドバイスをしていく必要があります。
また、化粧品専門店やドラッグストアなどでもビューティーアドバイザーをおいていることがあり、それぞれの現場ごとに置かれている化粧品の違いがあることを理解した上で提案をしなければなりません。

さらに、化粧品は日々進歩している技術でもありますから、一度覚えた情報がずっと使えるわけではない、ということも特筆すべきポイントです。
常に最新の知識を取り入れて、アドバイスできる範囲を拡大してくことが求められるでしょう。

ビューティーアドバイザーへの道

では、実際にビューティーアドバイザーになるためにはどのような道が必要になるのでしょうか?
ビューティーアドバイザーは免許や資格などが必要な資格ではありませんので、必ず取らなければならない資格や通らなければならない学校等があるわけではありません。
ただ、化粧品に関する知識などは学んでいなければなることは出来ないため、結果的にはそういった専門の養成施設に入るのが一番の近道となります。

勿論独学でも構いませんので、知識と技術を学んだ上で、化粧品メーカーなどの就職試験に臨むことになるでしょう。
この際には知識だけではなく、接客業としてのマナーなども問われることになりますから、面接練習なども必要になります。