女性に人気のキレイに関わる仕事

女性のキレイに関わる仕事情報サイトです。

アイリスト

アイリストとは日本語で説明すると、まつげケアのスタッフという事です。
付けまつげを装着したり、まつげパーマをかけて上向きまつげにするケアも行なっています。

最近は若い人だけでなく幅広い人が付けまつげやパーマを使用するようになり、新たな美容の仕事としても注目されています。
専用サロンで働いたり、美容サロンのサービスの一つとして提供している場合もあります。

アイリストのやりがい
まつげを美しく仕上げる仕事ですから、技術が評価されたり、お客様に喜んでもらえるのが一番のやりがいとなっています。

一見簡単そうで誰にでもできそうですが、目の周りに薬剤も使うため、専門的な知識や技術が必要となってきます。

一般の方ではキットを使ってもなかなか上手くいかなかったり、目のトラブルが起こったりする事も多く、綺麗に仕上げる事ができればお客様に喜んでもらう事ができるのです。

ネイリストで大変な事
この仕事は平成20年から厚生労働省より指示があり、現在は美容師の免許を持っていないと施術する事はできなくなりました。

誰でもやれる仕事ではなく、美容師という技術を習得してからでないと、始める事ができないのです。

以前は資格が不要で誰でも施術できた事もあり、トラブルが増えてしまった例も見られていました。

目の回りは粘膜も近く非常にデリケートな部分ですから、誰がやっても良いものではありません。
この仕事を始めるために敷居が高い事が一番のデメリットかもしれません。

また、美容師の資格を持っていても独学で学ぶ事は難しく、新たな技術習得のためにスクールなどに通わなければならないのです。

ネイリストで必要な資格
先ほども説明したとおり、美容師の資格が必要となります。
アイリストの技能検定も行われていて、スクールに通って技術習得が終了すれば受けることができます。

具体的な資格としては、アイデザイナー・アイリスト技能検定、アイラッシュリスト技能検定などが役立ちます。

ネイリストが働く場所
専用のサロンに就職するのが一般的な働き方です。
しかし、ある程度技能の経験を積んだり、接客業としての知識を得たら、独立開業してお店を開く事もできます。

まつげを施術する方法のため、それほど広いスペースは不要で、自宅の一部を利用したり小さなお店を借りて開く事も可能です。
そのほかエステサロンやホテルなどでも人材を募集している事があります。

この仕事は技術さえ身につけてしまえば、一度結婚や子育てで退職しても再就職しやすく、長く続けられます。

今後はますますまつげの専門ケアのニーズは高まり、就職先も増えていく可能性が高いでしょう。