女性に人気のキレイに関わる仕事

女性のキレイに関わる仕事情報サイトです。

着付け師

着付け師とは着物の着方を指導する先生になったり、着物を着る機会がある場所でお客様に着せて上げる仕事です。

現代人の場合普段はあまり着物は着る機会はありませんが、冠婚葬祭では未だに着る事がありますし、成人式には欠かせないのが着物でしょう。

最近では着物自体も注目されており、新たに着られるようになりたいという人のニーズも増えていて、着付教室として活躍する先生も多数見られています。

また、雑誌やテレビの仕事など、メディアで活躍するタレントさんの着付をする事もあります。
一度身につけておけば一生役立てられて、自分でも着物が着られる仕事として選ぶのも良いでしょう。

着付け師のやりがい
この仕事のやりがいは、着物を着せてもらってありがとうと言ってもらえたり、着物教室で生徒に教えて感謝されることが一番でしょう。

着物は専門的な知識を身に付けないとなかなか自分では着られず、また普段から着物を着る機会少ないため、着られる人は意外と少ないのです。

最近では夏になると浴衣を着る若い女性も増えてきて、着付け師という仕事のニーズも増えつつあります。
また、着物と一緒に礼儀作法を教えてあげれば、感謝される仕事としても活躍する事ができます。

着付け師で大変な事
着物を着るニーズは増えてきたといっても、全体的な数はそれほど多くなく、仕事量は確保できない場合もあるでしょう。
着付け教室としか活躍できなければ、収入は少ない可能性があります。

ただし、年配者で着物が着られる人は多くても、若い人で技術を習得している人は少ないのは確かです。

若さを生かしながら様々な場所で活躍できる人になれるよう努力すれば、独自のセンスが受け入れられる事もあります。

結婚式場では和装を着る女性は多いのですが、古いスタイルではなく若々しく華やかなドレス感覚で着られるものを希望する人も出てきており、それを上手く活用できれば大きく活躍できるチャンスは出てくるでしょう。

着付け師の資格
全日本きものコンサルタント協会認定の資格などが取得できます。
着物の基本的な知識のほかに、染めの技術の違い、身だしなみやマナーなども学びます。

着付けも礼装や振袖など年齢に合わせた着こなし方があり、それぞれを学ぶ必要があります。

着付け師が働く場所
呉服店、着付け教室、結婚式場、写真屋さんなどが主な就職先です。
そのほか、着物を着る機会が多い和食レストランでも採用している所もあります。

何歳になっても続けられ、自宅で開業して着付けをしている人も見られています。