女性に人気のキレイに関わる仕事

女性のキレイに関わる仕事情報サイトです。

メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストの仕事

美容に関わる仕事の一つとして、メイクアップアーティストというものがあります。
メイクアップアーティストというのは芸能人やモデルなどに対してメイクを行ったり、あるいは個人を相手にしてヘアメイクを行なうこともある、ヘアメイク全般を行なう仕事のことをいいます。
そのため、メイクアップアーティストはいわゆる「ヘアスタイリスト」と、「メイク」の両方の仕事内容を持っているため、当然どちらについても知識と技術を持っていることが求められる、高度な美容の仕事となります。

メイクアップアーティストとして活動する場合には2つの選択肢があります。
一つは、プロダクションやサロンなどの企業に就職し、所属のメイクアップアーティストとして活動するというものです。
もう一つはどこかに所属はせず、フリーとして活動していく方法となります。

言うまでもありませんが、仕事を続けていくのが楽なのは前者です。
前者であれば所属してしまえば所属先の社員としての待遇を受けることが出来ますから、安定した収入を期待することができるためです。
では、具体的に所属タイプのメイクアップアーティストについて見ていきましょう。

所属で行う場合は、所属先のクライアントが主な仕事相手ということになります。
このクライアントは所属先企業の種類によっても様々で、タレントなどを相手にする場合もあれば、個人が相手になる場合もあります。
サロンが対象となっているのであれば、化粧品メーカーなどのパンフレット広告のためのメイクアップを依頼される場合もあるようです。

さらに、通常のサロンではなくブライダルサロンに所属する場合にはヘアメイクだけではなく、ドレスの着付けなども任されることがあり、より複合的な技術と知識を求められることになるようです。
所属タイプのメイクアップアーティストに重要なのは、クライアントの意向と企業の方針に則って仕事を続けていくことになります。

フリーでの活動

では、フリーランスとしてメイクアップアーティストをしていくのであれば、どのような仕事となってくるでしょうか?
フリーランスの場合には、技術や知識などは勿論高度なものが求められる上に、自己アピール力や営業力というものを求められることになります。
いくら実力があったとしても、それが世間に知られていなければクライアントがなく、仕事ができないためです。

そのためには、しっかり自分のセールスポイントを作り、それを世の中にアピールしていくことが重要になります。
また、一度仕事をした相手からの口コミなども営業力としては非常に重要なものとなりますから、一つ一つの仕事を丁寧に、相手の要望に沿うようにしていくことが重要になるでしょう。
所属の場合よりも、成功のハードルが上がります。