女性に人気のキレイに関わる仕事

女性のキレイに関わる仕事情報サイトです。

バイヤー

バイヤーとはファッションアイテムを買い付けて、仕入れする人のことです。

ファッションショップやネットショップ、通販などでも活躍していて、最新のファッション知識を生かしながら、売れると思ったものを仕入れる役割を持っています。

バイヤーといってもお店によっては買い付ける品物の種類は異なります。

洋服のお店もあれば、靴屋・カバンのお店などファッションアイテム全般を取り扱ったり、それぞれ1つの種類を専門に買い付ける人もいます。

バイヤーのやりがい

バイヤーとして働いていて一番やりがいが得られるのは、商品の売れ行きが良いときです。

バイヤーは売れる商品を買い付けて、お店にそろえる役割を持っており、その人の目利きが左右される仕事です。

いくらファッションセンスが良くても、多くの人に受け入れられなければ意味が無くなってしまいます。

バイヤーの仕事で大変なこと

この仕事で大変なのは、色々な地域にも足を運ぶことです。
商品の仕入先を問わなければ海外まで出張に出かけることもあります。

多くの場合は日本で買い付けをしますが、対象地域は近くとは限らず、売れる商品を扱っていて更に安く仕入れることができる商品があるとわかれば、遠くまでも出向きます。

バイヤーの仕事で必要な資格

買い付けが主な仕事ですから、資格は特に必要ありません。
その人のファッションセンスと、目利きの腕、金銭感覚が優れていれば勤まる仕事です。

ただし、実績も無いのに直ぐにバイヤーとして雇ってくれるとは限りませんから、まずは自分が目指す種類のお店で働き、バイヤーとして仕事内容を進めていくのが一番です。

一つのお店で店長クラスまで成長すれば、同時にバイヤーとしての仕事も任されるようになり、独立して働くこともできるようになります。

バイヤーの働く場所

バイヤーは百貨店や複合ショップに入っている店舗の中や、通販ショップなどでも活躍しています。

特に多くの人に商品を提供する通販などは仕入れも重要となってくるため、バイヤーが活躍しやすい場ともいえます。

良い商品を仕入れて売るだけが仕事ではなく、それをできるだけ安く仕入れて更に利益を出す仕事なのです。
ファッションセンスと同時に、経営のセンスも必要となってきます。

大きなお店で働けば、お金の規模もどんどん増えていきますから、金銭感覚はシビアな位がちょうど良いのです。

将来独立してお店を持ったり、フリーで働いて各ショップと契約し、商品を仕入れる仕事も良いでしょう。

小さなお店ではバイヤーを雇わず、店長が直接買い付けをする事も多いようですが、経営者のセンスが無ければほかの人の手を借りることもあり多数の働く場所は存在しています。

お店があればその数だけ出てくるため、働き口に関しては困らないといえます。