女性に人気のキレイに関わる仕事

女性のキレイに関わる仕事情報サイトです。

デザイナー

ファッションデザイナーとは、服を新しくデザインする人のことです。
一から企画を立ち上げ、服の素材から形まで決めることが主な仕事内容です。

ファッションデザイナーと聞くと一流デザイナーが活躍するファッションショーを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、実際には働き口は多数あり服を作っている企業にも就職する事ができます。

ファッションデザイナーのやりがい
やりがいは自分が考えた洋服が市販されたときでしょう。
一流になってくればショーに出て活躍する事はできますが、一般の人は洋服を作る仕事を影で支える役割となっています。

一見華やかな世界に見えますが、そのような一流に成長する人はほんのわずかで、実際にはお店に並べるファッションデザインを担当する事が多くなっています。

それでもお客様に喜んでもらえれば嬉しいですし、それが独自ブランドとして成長する喜びも持っているのです。

ファッションデザイナーの仕事で大変なこと
これは華やかな世界に憧れて入った人が現実を見たときでしょう。

実際には納期があって体力的にも辛い仕事ですし、結果を常に出さなければならないという精神的なプレッシャーも感じてしまいます。

常に新しい流行に目を向けながらも、ほかとは違う個性も出さなければなりません。
売れっ子となったデザイナーでも、勉強は欠かせないともいいます。

ファッションデザイナーで必要な資格
これはファッションに関する資格は一通り取得しておくと良いでしょう。

服を一から作るのですから、洋服の裁断・パターンについては絶対に知識として必要です。
具体的には洋裁技術検定や、パターンメーキング技術検定です。

これらは洋服を作るための基礎を習得するもので、レベルに合わせて技術力が評価されています。

そのほかにもカラーコーディネイト検定や和装検定も必要なら取得する場合もあります。

ファッションデザイナーが働く場所
働く場所はファッション関連の企画をしている企業や有名なデザイナーの下で働く方法などがあります。

自分が考えたブランドが有名になれば、他社からの引抜をされたり、独立してブランドを立ち上げることもできます。

なかには海外にも進出して大きく成長している日本人の方もいるため、デザイナーという仕事は華やかで憧れの世界でもあります。

ただし、世界まで進出できる人というのはほんのわずかで、残りは企業に就職してファッションの新しい企画を考えたり、服をデザインしたりしています。

そのほか、自分のブランドを立ち上げれば独立して自分のお店を持つこともできます。
店長兼、デザイナーといった感じで活躍することができます。