女性に人気のキレイに関わる仕事

女性のキレイに関わる仕事情報サイトです。

スタイリスト

スタイリストとは雑誌やテレビなどで活躍する人材で、ファッションをコーディネイトしながらタレントやモデルを引き立てる役割をもっています。

雑誌なら撮影のためにファッションアイテムを揃えたり、組み合わせを選んで撮影前にこれらの道具を用意するのが主な仕事となります。

テレビで活躍する場合も同様で、タレントをテレビに出演させるまでが主な仕事となり、最新のファッションだけでなく、その人の魅力を引き出す工夫をしなければなりません。

まずは、実際にスタイリストとして働く方のブログをチェックしてみて、どのような職業かをイメージする方法もおススメです。
>>スタイリスト坂本陽子のブログ

スタイリストになるには?

スタイリストになるには特に資格とかは存在しておらず、その人の実績が評価されて始めて仕事を貰うことができます。

下済みの時期があり、有名なスタイリストの下で働かせてもらったり、雑誌の編集社やテレビ局などに所属して実績を上げていく方法もあります。

いきなりテレビに出演するタレントのコーディネイトを任されることは無く、どこかの事務所に所属して勉強したり、有名な人の下についてコツコツ実績を積み重ねることが殆どです。

スタイリストのやりがいについて

仕事のやりがいは新しいファッションに触れていられて、いつも楽しいことでしょう。

雑誌で自分がコーディネイトしたファッションを特集されたり、CMやテレビ番組で起用されれば大きな喜びを感じることができる仕事です。

何よりもファッションが好きという方がなる職業で、いつも好きな服に囲まれていていつも楽しみながら仕事が出来ますが、特に結果が出せたり周りの人から評価されることが一番やりがいを感じる場面でしょう。

スタイリストの仕事の大変なこと

この仕事は一見華やかな世界に見えて、意外と大変な部分もあります。

下積みの時代が長くなかなか評価されなければ辛いこともありますし、仕事を貰ったとしてもコーディネイトを考えるまでの時間は長く取られてしまいます。

打ち合わせから始まり、衣装の手配、小物の用意は全て自分で行うことになります。

お店を色々と回って手配のお願いをしなければならなく、ハードなスケジュールのこともあります。

スタイリストの働く場所

スタイリストとしてはじめて働く場合では、どこかの事務所に所属する方が多くなっています。

雑誌だけでなく、デパートのカタログやチラシなど簡単な仕事から始まりますが、それが実績となっていき良い仕事へと繋がっていきます。
この方法は仕事なら何でも取らなければならず、下積みとしては適している方法です。

また、有名なスタイリストのアシスタントとして雇ってもらう方法もあります。

この場合は直ぐにコーディネイトの仕事ができるわけではなく、主な仕事は雑用となります。

それでも有名な人の下で働けば収穫も大きく、個人の実績を上げればその後フリーとして働くこともできるようになってきます。

将来は有名な雑誌と契約したり、テレビ出演をするタレントのコーディネイトなどスケールも大きくなっていきます。

主に活躍している人の殆どはフリーとして働いており、ここを最終地点として目指してみると良いでしょう。